2020-08-10

篠笛で歌おう(桜貝の歌)

真笛

久し振りに真笛を作ってみました。
真子笛とは笛を作る竹材が真竹を使用しているので真笛と呼んでいるわけです。

調律が難しい!

真竹は篠竹に比べると節間が狭く、2~3個の節を抜く必要があります。
それにはまずドリルで節に穴を開け、そしてガリ棒で削り取る必要があります。
また、肉厚なため倍音が低くなりがちで調律が難しくなります。

音色は動画で

桜貝の歌について

桜貝の歌は昭和二十四年に発表されましたが、昭和十八年には完成されていたようです。
作曲の八州は鎌倉に住んでいた折、病で亡くなった恋人の面影を曲に託したと言われています。
作詞には当時逗子住まいの友人である土屋花情氏に委託、女性を虜にした名曲が生まれました。
うるわしき桜貝ひとつ 去りゆける君に捧げむ この貝は去年の浜辺に われひとり拾いし貝よ

こちらの記事もご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

篠笛のお問い合わせは