2020-03-02

篠笛の吹き方 大きな音を出そう!!

大きな音を出す方法

前回に引き続き篠笛の音の出し方と言うことで、今回は大きな音を出す方法について説明をします。
最近あるお客様から爆音の出る篠笛はありますか? などと言うお問合わせをちょくちょく頂きます。
特に大きな音はお囃子をやっている人あるいは太鼓のグループに参加している人が多いようです。
太鼓に負けない、迫力のある大きな音が必要ですからね??
そこで、今日は大きな音を出す方法について紹介したいと思います。

それではいってみましょう。

まず、1の指孔を開けてください。
そして甲音の1の音を出しながら、途中で2の音だします。
では、これをどうやるかと言いますと・・・・
最初お腹を凹ましながら1の音をだして、途中で今度はお腹を前に突き出し2の指孔を開けます。
唇を少し前に突き出すようにスピードをかけて息を吐きます。
今まではお腹を凹ませながら音を出していましたが、今度は全く逆になります。
軽くお腹を凹まし1音を出し、次の瞬間お腹を突き出し2音を出します。
吐く息にはスピードをつけ、2~3m先の壁に向かって吹きかけるようにします。

指はただ開けるだけです。

この時、口や唇には力を入れてはいけません、もし、力を入れたいならばお腹の方に入れてください。
思い切りお腹を突き出し音を出します。また下唇を前に突き出しながら息を入れ、上唇はいくらか下唇にかぶさるような感じが良いです。
ふ~ふー~ふーーー~!
これを数回繰り返します。

次は2音から3音に

これできたなら2音から3音を出してみましょう。
3音ができたなら4音を出します。
指の開け方も動画を見ながら参考にしてください。
無理のようでしたなら音だけでも良いです。
勢いあまって音が溢れてしまったり、音がひっくり返ったり、雑音が多くなった場合には吐く息の量を調整する必要があります。

口や唇には力をいれない!

前回とも同じことになりますが、口や唇には力を入れないで吹くことです。
それにはお腹を上手に使うことなのです。
これらは、あくまでも音を出すための練習法であって、慣れてきますと一々お腹を気にしなくともすんなり高い音も低い音も出るようになります。
それには毎日少しの時間でも良いですから練習の積みかさねが必要です。

小さな音も大事

次回は小さな音を綺麗いに出す方法二ついて紹介します。

 

 

こちらの記事もご覧ください


前のブログ:

次のブログ:

篠笛のお問い合わせは